最新記事
医師の転職事情

記事がありません

睡眠時無呼吸症候群と医療


◯睡眠時無呼吸症候群とは

いびきをかいている人には高いリスクのある、睡眠時無呼吸症候群について書いています。

「睡眠時無呼吸症候群」という言葉はテレビなどでその危険性についてよく特集されていて、どんな病気かを知っている人が増えてきています。
具体的には睡眠中に10秒以上気道の空気の流れが止まった状態のことを言い、いわゆる無呼吸状態が一晩で30回以上、あるいは1時間あたり5回以上ある場合に睡眠時無呼吸症候群と診断されます。寝ている間に無呼吸であるということに私たちはなかなか気づくことができないため、実際には多くの潜在患者がいると予測されています。

睡眠時無呼吸症候群として最も多い原因は空気の通り道である上気道が狭くなり、呼吸が止まってしまう閉塞性睡眠時無呼吸タイプです。睡眠時無呼吸症候群の9割はこれが原因で、首・喉まわりの脂肪沈着や扁桃肥大、または舌根やのどちんこ、軟口蓋が気道を塞いでしまうことによって発生します。
気道を塞いでしまうのは骨格が大きな要因に含まれており、首回りの脂肪が多い肥満体型の人であっても骨格が大きければ睡眠時無呼吸症候群にはなりづらいです。

◯睡眠時無呼吸症候群のリスク

睡眠時無呼吸症候群は酸素付属をもたらして、脳や身体に深刻なダメージをもたらします。睡眠というものはそもそも日中の活動で疲労した脳や身体を十分に休息させるためにあります。そこで呼吸が止まってしまえば、酸素不足を補おうと身体は心拍数を上げて、寝ている本人が気づかない内に脳や身体に大きな負担がかかってしまいます。
そうなると日中に激しい眠気に襲われたり、倦怠感、集中力低下などが引き起こされて、日中の様々な活動に悪影響をもたらします。

睡眠時無呼吸症候群はなかなか自分では気づきませんが、自覚症状としてはいくつかセルフチェックできるものがあります。
例えば「口が渇いている」「頭痛がする」「熟睡感がない」「すっきりと起きられない」「身体が重い」「集中力が続かない」といったことが主にあります。
あなたはこれらのいずれかに引っかかりますか? 思い当たる節がある方は改善に向けて取り組まれることを強くおすすめ致します。

睡眠時無呼吸症候群はすぐに命の危険につながるわけではありませんが、よくニュースとして取り上げられる「居眠り運転による交通事故」の中にはこの睡眠時無呼吸症候群が原因であることが多くあります。電車の運転手や観光バスでの衝突事故など、個人であっても多くの人を轢き殺してしまう可能性があります。
こういったリスクを常に抱えていますので、睡眠時無呼吸症候群はすぐに治すよう心がけましょう。

いびき・睡眠時無呼吸症候群の治療を本格的にやるには入院して治療する方法や、病院に受診して治療を重ねていくといった方法もありますが、治療費のお金が必要でキャッシングを利用することになる人もいるかと思います。そんな人にはクレジットカード現金化というキャッシング方法がおすすめです。
クレジットカード現金化は普通の消費者金融と違って総量規定というものがありません。しかも自分のクレジットカードを使って、通常のオンラインショッピングと同じように利用しますので返済プランもらくらく立てることができます。