最新記事
医師の転職事情

記事がありません

医師の転職や求人で知っておくべきこと


医師の転職に必要な事前情報を多く提供します

医師の転職に関する情報を多く持っていれば、転職後に現在よりも満足度の高い職場で充実した生活を送ることができます。
具体的には医師の平均的な収入・労働時間に始まり、求めるやりがいや獲得できる技術、その病院の系列や院内のヒエラルキー・転職地の暮らしやすさや家族の生活環境までが必要な情報に含まれます。
一方事前にキャリアプランを決めて転職をするのであれば、細かい条件にまで合致した病院を探すことになります。もしくは病院側と納得がいくまで条件交渉をする必要もあります。
これに加え、「いつ転職するのが適切なのか」という医師の法律に関する知識も必要です。ご存知のように、法律は医師の働き方や収入に大きな影響を与えます。法律の改正までには数年間を要する場合がほとんどなので、いち早く情報を察知して対策を立てるのが望ましいです。

このように医師の転職の成功には事前情報が大きくものをいいます。
好機を逃さずに転職をしてあなたに相応しい条件で働いて下さい。

初めて転職を考えている医師の方へ

医師に求められることは職場によって全く違うので、転職は実際的な問題解決策のひとつになります。
例えば収入を上げて労働時間を短くしたいと考えたのなら、地方の病院に勤務をすることをおすすめします。地方では医師不足が深刻となっており、給与を上げてでも医師を獲得したいと考えている病院が多いからです。また大きな都市でなければ急患で運ばれてくる患者も多くはなく、予定外の長時間労働を強いられることは少なくなります。実際に午後6時頃に帰れる病院も存在するので、条件のよい病院を粘り強く探す努力も必要だといえます。

一方よい条件で働くためには医師としての確固たる実力が必要です。医師の実力は医局で培われることが多いです。医局に長く勤務をして様々なチーム編成の中で働くことが最も効率よく実力を伸ばせる手段です。そのため、数年後に高収入で転職を果たすことを考えて、現在を医師としての修行期間と位置づける判断もよいといえます。
必要なのは「すぐに今より高い収入を得る」ことではなく、「将来的に自分のキャリアプラン通りの医師人生を送るための合理的な判断」だといえるでしょう。

ただ、ご存知のように、ドクターは普段の勤務が非常に忙しくかつ責任が重大なので、転職活動に充分な時間を割くことが容易ではありません。日常の忙しさが、結果的に医師の転職を失敗に導いてしまうことがあるのです。